WordPress の投稿タイプを簡単に変更する方法

公開日: : 最終更新日:2017/10/31 WordPress

WordPressのテーマには、記事の投稿タイプを2つ以上設定できるモノがありますが、他のテーマからデータを移行すると、投稿済みの記事がblogとして認識されてしまいます。
コーポレートサイトでは、「投稿記事(blog)」という表現より、カスタム投稿の「お知らせ(Infomation)」に分類したいというニーズがありました。
既存の投稿記事のうち一部を別の投稿タイプに移す場合、エクスポート、インポートでは手間がかかりすぎて大変です。
投稿記事の投稿タイプを「投稿ページ」「カスタム投稿」に簡単に切り替えられるツールがあれば便利ですよね。

投稿タイプを変更できるプラグイン

私のWordpressの師匠に教えて頂いた「Post Type Switcher」というプラグインを試してみました。
このプラグインは、投稿の編集画面に投稿タイプを選択するドロップダウンを追加して、投稿タイプを変更できるようにします。編集中の投稿でも、投稿タイプを切り替えることが出来ます。
サポートされている投稿タイプは、投稿、固定ページ、添付ファイル、カスタム投稿タイプを相互に変換できます。
一括編集機能を使えば、ある投稿タイプに属するすべての投稿を選択して、新しい投稿タイプに一括して変更できるみたいです。

使ってみた感想

今回のお仕事では、投稿記事を「ブログ」とカスタム投稿の「お知らせ」の2つの投稿タイプに記事を振り分けたかったのですが、このプラグインで投稿記事を2つの投稿タイプに簡単に振り分けることが出来ました。
しかし、投稿タイプを変更してもカテゴリやタグの設定までは引き継いでくれないので、投稿タイプ変更後にまたカテゴリとタグを再設定し直す必要がありました・・・トホホ。

でも、投稿記事⇒固定ページ(その逆も可)に記事タイプを変更することが出来るなんて、少しびっくりしました。
WordPressの内部処理では、固定ページも投稿ページもタイプが違うだけで同じ処理が行われているんですね。
今回は、大変勉強になりました。

Sponsored Link

関連記事

WordPressでサブドメインを使う方法

今回は、既にインストール済のWordpressの表示(URL)の設定をサブドメインに変更する方法を紹

記事を読む

運用中のWordPressのURLを独自ドメインの直下に変更する方法

今回は、WordPressのURLをドメイン直下に変更する方法を紹介します。 私の使っているレンタ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
貯金アプリ「しらたま」を100日試してみました

◆貯金アプリしらたまとは 「しらたま」は「貯金したいけれど、なかなか

貯金アプリ「FinBee」を3カ月使ってみました

2017年10月から使い始めた貯金アプリ「FinBee」の使用感につい

Visaデビットのご利用で全員に500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン

ジャパンネット銀行のVISAデビットカード利用ユーザーにお得なキャンペ

「nanaco好きやねん!」大阪府内nanacoキャンペーン

セブンイレブンで使える電子マネーnanacoが、大阪府内限定のnana

au WALLET×じぶん銀行 初めてチャージキャンペーン(もれなく500円もらえます)

今回ご紹介するキャンペーンは、条件をクリアすれば、もれなく現金500円

→もっと見る

  • 関西在住のフリーランスのシステムエンジニア。
    サラリーマンとして、営業3年、システム開発7年、管理職10年を経て2007年に独立。現在はフリーランスの情報技術コンサルタントです。 人生のモットーは「嫌なことは辛抱しないこと」、趣味はプログラミングと映画鑑賞です。このブログは、独立後の生活で役立つ情報や面白かった話をレビューしています(^^)

    お問合せ先はこちらからどうぞ

PAGE TOP ↑